『越後』香素杉®

 

 日本の国土に占める森林面積は68.9%豊かな森を活かし、日本の林業の活性化、森林の再生=CO2の削減、そして何より、人に優しい木材で家造りを目指して「愛工房」という超低温乾燥装置を導入しました。

 

魔法の温度45℃の「愛工房」

 私たちが導入した、超低温乾燥装置「愛工房」は、漢方薬を作るのと同じ45℃の温度。
水分だけを抜いて、高温乾燥器では失われ易い「油分」や「酵素」をそのまま残すため、短期間で天然乾燥材と同等との品質の杉材を提供します。
 杉本来が保有する「酵素」「色」「艶」「香」がそのまま残る”生きた杉材”。
当社では、この杉材を「越後」香素杉®と呼んでいます。

「越後」香素杉®の特徴

特徴1. 超低温乾燥装置「愛工房」で乾燥させた”生きた杉材”

 「越後」香素杉®は油分が豊富に残るため、塗料や防腐剤など何も添加する必要がない純粋な無垢材です。そのため、刺激に弱いお子さんから高年齢の方まで、安心・安全に使って頂ける”生きた杉材”です。
 また”生きた杉材”は私たちの生活にさまざまな効果をもたらしてくれます。

特徴2. 一元管理による安全・安心な生産者の”顔が見える杉材”

 糸魚川地域にある社有林より「原木の切出し」「製材」「乾燥」「加工」「製品検査」を一元管理し、安全・安心な製品をお客様にお届けします。

特徴3. 県の厳しい基準を満たした”越後杉ブランド材”の出荷

 平成23年11月に「越後杉ブランド認証材生産工場」として認証され、厳しい品質管理のもと、十分な強度や性能を有する杉材だけを選別して、お客様へお届けします。

kousosugi4 kousosugi5 kousosugi6