2022.8.9

真夏のボランティア

こんにちは。

先月末、前橋林業土木協会新潟支部高田分会で、ボランティア活動を実施しました。

今年は、「国立妙高青少年自然の家」の遊歩道整備をしました。👷🏻

7社で分担して、4箇所の整備を行いました。💪🏻

当社の担当は、道路から広場へ降りる階段の補修作設です。⛏

土木部から実働部隊が4名参加してくれたおかげで、大変な作業でしたが

キレイに改修されました。👍🏻 

橋の支柱も、老朽化していた箇所を新しく付け替えました。🔨

無事、完成しました!😄

頑張ったあとのお弁当は格別です。🍱

うなぎ付き!😋 元気が出ました~。

コロナウイルスの第7波の感染拡大が心配されていますが、早く状況が落ち着き、

また子供たちが安心安全にこの施設を利用できますように・・・🏃🏻‍♀️🏃🏻

みんなで気持ちよく汗をかき、子どもたちの笑顔を楽しみに活動しました。😊

2022.8.3

クラブ活動報告① 釣りクラブ

こんにちは。

連日、猛暑が続き、あっという間に8月となりました。

まだまだうだるような暑さが続くなか、これから大雨の予報も出ています。

体調管理とお天気には気を付けて過ごしましょう。

 

さて、先週末、当社の釣りクラブが活動を実施しました。‍

集合場所は・・・

能生漁港に夜中の1時30分!

船上では禁酒です。 船酔いしないようにいってきまーす!

明るくなってきました。 海の上での日差しは潮風と相まって、さほど暑くありません。

間近でイルカのジャンプに遭遇しました。

かわいいなぁ。 でも同じ獲物を狙う意味ではライバルです。

さて、釣果は・・・

じゃ~ん! サバ、アジ、たちうお、タイ、ノドグロをゲットです!

・・・船頭さんが竿頭だったというのは、ここだけの話です。

釣るのも楽しいですが、なんといってもお楽しみには、美味しい魚をさらに美味しく頂く

この時間です。

船を降りて、反省会はあづまで開催です。

釣ったお魚、5種類のお刺身です。とっても贅沢!

こちらは握り寿司!

こちらはハモのから揚げ。(食べかけ写真)

無事に、楽しい美味しいクラブ活動が実施出来て良かったです。

部員、絶賛募集中です! 酔い止め薬飲んで、皆さん参加しませんか? お待ちしております。

2022.7.19

竣工式

こんにちは。

先日、当社が施工させていただいた株式会社エッジシステムズ様の竣工式が執り行われました。

 

初夏のひまわりが文字通り花を添えました。

新しい工場に、祝詞が響き渡ります。 無事の完成に感謝して玉串奉奠をしました。

竣工式のあとは、会場を移して、大変光栄なことに感謝状をいただきました。

その時にあわせていただいた記念品がこちら!

 

熟練された職人の技術によって、最高品質のエッジ製作を可能にしている国内シェア100%の

技術と実績により、当社のカネカマークを作ってくださいました!

重厚感ある輝きです。✨

こちらはペーパーウェイト。細部まで光沢と程よい重みがあります。

大事に使わせていただきます。

今回の祝宴会には、2002ソルトレークオリンピアンの下山研朗さんと

2022北京オリンピアンの星野純子さんがゲストとしていらっしゃっていました。

みんな笑顔で記念撮影。

何よりも、お客様に工場の完成を喜んでいただいて、私達も嬉しい一日でした。

今日までのこちらの建築の様子は、当社のホームページ「BuilBox」からご覧いただけます。

2022.7.16

共伸会 現場視察

こんにちは。

先日の全国安全週間に、笠原建設安全協力会「共伸会」の現場視察が行われました。

3年ぶりの開催となった今回の視察先は・・・長岡市の大河津分水(おおこうづぶんすい)です。

出発前に、参加者全員の抗原検査を実施しました。 安心して出発です。

 

糸魚川から1時間半、今回お邪魔したのは、鹿島・五洋・福田特定建設工事共同企業体が

施工している大河津分水路第二床固改築JV工事の現場事務所です。

現場代理人の方に工事の概要と現場の説明をしていただきました。

現場は足がすくむような場所もあって、大きな信濃川が眼下に広がり、

吹き抜ける風と初夏の日差しを受けて、ワクワクするような、ちょっと怖いような、

とても刺激的で壮大な現場でした。

  

大河津分水は、越後平野を守るためにつくられた人工の河川です。

信濃川から派生するかたちで、大河津分水は作られています。

信濃川は新潟県・長野県をまたいで流れる河川で、全長367km、

一年間に流れる水量は153億㎥に及びます。

長大な信濃川は、かつて度重なる水害によって越後平野に壊滅的な被害を与えてきました。

この被害をなくすために作られたのが大河津分水です。

信濃川の水が越後平野に入る前に一部を日本海へ流すことで、越後平野を水害から守る役割を

もっています。 (資料館HPより抜粋)

現場のあとは、近くに建設された「にとこみえ~る館」の見学をしました。

かわいい にとこちゃんがお出迎えです。

こちらの建物は、北陸地方整備局信濃川河川事務所が所管する大河津分水路改修事業の発信基地です。

シアタールームやパネルコーナーのほかに、AR(拡張現実)体験などもできますよ。

みえ~る館のあとは、お楽しみの昼食です。

ここにきたら、やっぱり寺泊で美味しいお魚が食べたい! ということで・・・

角上魚類の2階で、お魚づくしの贅沢ランチでした!  ごちそうさまでした。

午後は、信濃川の上流に向かい、「信濃川大河津資料館」を見学しました。

 

通水100周年まで、あと50日! 8月25日までのカウントダウンです。5⃣0⃣

班にわかれ、スタッフの方から説明を聞きながら管内をじっくり見学しました。

幾度となく氾濫を繰り返してきた信濃川ですが、自然を相手に地域を守る仕事は

そこに住む人や街にとって不可欠で、令和の大改修によって、大河津分水が「防災」や「産業」、

「交通」や「観光」と連携を図って発展することを県民として見守りたいと思います。

2022.7.11

安全大会 2022

こんにちは。

先日1日、全国安全週間の初日に、笠原建設と当社の安全協力会「共伸会」の共催で

事業主研修および安全大会を実施しました。🙋🏻‍♂️🙋🏻

まずは鈴木社長より、達磨の目入れが参加者の前で執り行われました。👀

安全衛生表彰では、当社と協力会からあわせて、10組の個人、団体が表彰されました。

安全標語では、優秀賞、佳作賞のほかに、今回はユニーク賞も創設され、9作品が

選出され表彰されました。🏅

そして、当社と会員の安全衛生優秀賞を受賞した2名が、代表してゼロ災宣言をしました。🎙

続いて、笠原建設を代表し、土木部のI次長が「新潟ゼロ災宣言運動2022」参加にあたり、

「安全宣言」を行いました。📣

第二部では、新潟県労働衛生医学協会の専務理事 大西さまより

「笑って笑って健康づくり~仕事と健康~」と題して、講演頂きました。😄

最後に、標語で優秀賞を受賞した2名がステージ上で指差唱和を行いました。👆🏻

 

安全意識をみんなで共有し、再確認できた機会となりました。

引き続き、安全第一に努めます!😉

2022.7.7

現場紹介 ~集水井の設置~

こんにちは。

今年はあっという間の梅雨明けから一気に連日猛暑となり、毎日疲れてしまいます。😓

先月末ですが、避暑地をもとめて、山の現場:木地屋にいってきました。🐻

こちらの現場は、くねくね山道をだいぶ上り、山の奥にあります。🌳

標高が高いだけあって、木陰はマイナスイオンがあふれ、とても涼やかです。🎐

今回は、6m正方形を50cmの深さに掘って、ライナープレートと呼ばれる

金属の輪っかを埋めていきます。🕳

今回のメンバーは機工部です。🙋🏻‍♂️

この現場の監理技術者、Tさん。まずは測量してから掘削する場所を定めます。👀

笑顔の現場代理人 Hさん。😃  コンパスの原理ですね。手早く印は完了しました。🖍

ではさっそく重機で掘削開始です。

オペはTさん。😉  あっという間に完成させました。

細かな箇所は、人力で・・・⛏

 

キレイに掘削完了しました!👷🏻

休む間もなく、ライナープレートを設置します。🔨

今日は施工記録の関係で、立ち会ったのはここまでですが、

最終的には、42.5m掘っていきます!🐁

次回現場に行ったときには、どのくらいまで進捗しているか楽しみに見守ります。😊

2022.6.28

安全を考える 安全講話

こんにちは。

昨日、本社3階ホールで「安全講話」が開催されました。

講師は、U様。👨🏻

現在、全国安全週間準備期間なのでタイムリーな機会となりました。🎋

「全国安全週間」・・・なんと今年で95回目になるんです。😮

大戦中も途切れることなく継続され、当初は国を挙げての取組とは知りませんでした。

講師のU様からは、この取り組みが創設された時代背景から、

近年における労働災害の状況をお話いただきました。📢

印象的だった言葉の中に、

「コストや品質の失敗は手間になっても取り戻せるが、安全の失敗は命に関わる。

そして取り巻く周りを不幸にする。」

という言葉でした。👆🏻

講師の提唱する4つの心掛けを拝聴し、明日からまた安全第一で仕事に取り組もうと

静かに決意をしました。

皆さんもご安全に!🙋🏻🙋🏻‍♂️

2022.6.17

現場紹介 ~ビオトープづくり~

こんにちは。

今日の糸魚川タイムスに、当社が施工させて頂いたお客様の記事が掲載されていました。

上越市にあるこちらの企業で、ビオトープの造成工事を行いました。

ビオトープとは、「生物群集」の生息空間を意味する言葉です。

特に最近では、小さな鉢や池の中で人工的に生態系をつくることを指すこともあります。

人が手を加えなくても、その鉢の中で生態系ができており、自然の風景を楽しむことが出来る

ものです。

着工時の風景です。

敷地を造成し、池を掘削しました。

出来上がりはこんな感じになりました!

小さな生態系がここにぎゅっと凝縮されて、マイナスイオンと生命の癒しを感じます。

いろいろな草花を植生して、水辺には鳥や小動物が集まってきます。

完成記念にお客様と。

SDGsや脱炭素に向けた取組みが、ビオトープを設置するきっかけの一つとのこと。

自然との共生に立ち返る現場でした。

2022.6.9

土木出張PR in 青海中学校

こんにちは。

昨日、青海中学校で、「土木出張PR」が行われました。

2年生59名が参加してくれました。🙋🏻‍♂️🙋🏻

「土木出張PR」とは、平成28年(2016年)度から、新潟県土木部と建設業関係の3団体

(一般社団法人新潟県建設業協会、一般社団法人建設コンサルタンツ協会北陸支部、

一般社団法人新潟県測量設計業協会)と合同で、建設産業の実際の仕事内容を紹介する

企画のことです。‍👷🏻‍♀️👷🏻👨🏻‍💼

 

建設業のPRには、土木部5課長のNさんと、👩🏻 地元 I建設 の Iさん、👩🏻

そして新潟からはるばるお手伝いに来ていただいた建設業協会女性部会事務局の Iさん です。👩🏻

土木にまつわるクイズや質問形式で、和やかな雰囲気の中、とっても興味がもてました。

一通り各協会からの説明を聞いたあとは、体験実習です。

まずこちらは測量。📏

だいたいの自分の歩幅や手のひらの長さなどを使って、長さを当ててみます。

その後、測量機で実測してみて、誤差を確認します。

あんな遠くに貼ってある視力検査表も、これを使えば見えちゃうよ!🔎

ドローンにも興味深々。カメラに向かってポーズです。

最後は、ドローンによる記念撮影をしました。📷

来年、高校の進路を考えるときに、ぜひ建設業も将来の選択肢に入れてほしいです。😃

今日出会った子供たちの中から、未来の同僚が誕生するのを心待ちにしています。😊

2022.6.1

17年目の海岸清掃

こんにちは。

5月最終日の昨日、当社では17年目の活動となった海岸清掃が実施されました。🌊

午前中に降っていた雨もあがり、潮風のなか活動開始です。⛅

今年は6班に分かれて活動です。 まずはじめに鈴木社長からのメッセージを聞きました。📣

海岸清掃は、昨年末SDGs宣言をした当社が掲げる「地域社会への貢献」を柱とする事業の一つです。

また、SDGsでいうところの「海の豊かさを守ろう」という目標にも合致した活動です。🐟

あっという間にたくさんのゴミを回収しました。😮

コロナで、様々な活動やコミュニケーションが制限されてきましたが、

これからは感染対策に配慮しながも、積極的にみんなで一緒に一つのことを楽しんだり、

汗を流したり、コミュニケーションをとることを行っていきたいものです。🙋🏻‍♂️🙋🏻

キレイになった藤崎海岸にハマヒルガオが揺れていました。🌺

今年こそは臨海学校が開催されて、長野から来た子供たちの元気な声が

浜辺に響くのを、地域のみんなで楽しみにしています。🏊🏻🏊🏻‍♀️